×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅ローンの資金計画早分かり



住宅ローンの資金計画早分かり


住宅ローンの資金計画早分かりは、住宅ローンを利用してマイホームを取得する人が資金計画を立てる際に生じる疑問を解決する情報サイトです。Q&A形式でどなたにでもわかりやすく解説しています。

※税制改正等については「サラリーマンの税金ガイド・税制改正編」を参考にしてください。
スポンサードリンク
住宅ローン資金計画
住宅の取得にかかる頭金以外の諸費用は?
安定した返済計画と金利動向
ライフステージの変化に合わせた返済計画とは?
収入が低い人は返済負担率が高い?
保証料の有無は?
住宅ローンの決定は販売業者に左右される?
理想の住宅ローンの組合せは?
住宅取得の窓口の一本化とは?
ボーナス返済はどのくらいが適当?
団体信用生命保険への加入は?
住宅ローンの基礎知識
団体信用生命保険の活用法と注意点は?
共有登記ができる条件は?
抵当権順位の条件は?
連帯債務者の責任とは?
民間金融機関の火災保険は?
共有持分のメリットとは?
担保保証とは?
保証機関とは?
フラット35の連帯債務者とは?
団体信用生命保険とは?

マイホームの資産価値は?
一戸建て・マンションの購入後の支出リスト
固定金利型のメリット・デメリットは?
返済期間と総返済額の関係は?
元利均等返済のメリット・デメリットは?
マイホーム購入後の支出とは?
返済中の繰り上げ返済と条件変更
変動金利型のメリット・デメリットは?
元金均等返済のメリット・デメリットは?
元利均等返済の未払い利息のリスクとは?

ライフスタイル、万一に備えたものは?
インターネット・バンクとは?
ネットバンクでの借り入れの流れは?
諸費用の支払時期は?
契約時の印紙税
繰り上げ返済、住まいの形態に対応したものは?
ネットバンクの住宅融資の内容は?
自治体融資は身近で有利?
新築と中古の諸費用で安いのは?
登記時の登録免許税
不動産用語の基礎知識
建築安全条例とは?
建築協定とは?
建築士の免許は?
建築審査会とは?
建築不可とは?
建築監視員とは?
建築士とは?
建築主事とは?
建築線とは?
建築物の延べ面積とは?

指定流通機構とは?
事務所とは?
特定目的会社の社員総会とは?
収益還元法とは?
従前地とは?
支払金・預り金の保全とは?
事務所の留意点は?
斜線制限とは?
住居表示とは?
住宅街区整備事業とは?

専任の取引主任者とは?
線引きとは?
専有部分とは?
公正規約による区分所有建物の面積の表示は?
相殺の効力は?
役員が宅地建物取引主任者の場合は?
必ず区域区分を定める必要があるのは?
専有面積と専用面積とは?
相殺とは?
双方代理とは?

登記権利者・登記義務者とは?
登記請求権とは?
登記の公信力とは?
登記簿とは?
投資信託委託業者とは?
登記事務のコンピュータ化とは?
登記請求権の発生は?
登記の申請とは?
登記簿謄本とは?
投資信託委託業者の業務内容は?

配達証明とは?
売買とは?
不動産取引の売買一方の予約は?
破断とは?
パラペットとは?
配達証明で宛先が留守の場合は?
売買一方の予約とは?
爆裂とは?
罰則とは?
バリュー・アット・リスクとは?

保証委託契約とは?
抹消登記とは?
間取りと畳の大きさとは?
マルチプル・リスティングとは?
密集市街地における防災街区の整備の促進に関する法律とは?
保証委託契約約款とは?
抹消登記の申請は?
丸太組工法とは?
見込地とは?
密集市街地における防災街区の整備の促進に関する法律の内容は?
住宅ローン便利サイトT
住宅ローン控除入門その1
住宅ローン控除入門その2
住宅ローン控除入門その3
住宅ローン控除情報館その1
住宅ローン控除情報館その2
住宅ローン控除情報館その3
住宅ローン控除情報ナビその1
住宅ローン控除情報ナビその2
フラット35早分かりガイド!
住宅ローン控除情報ナビその3
住宅ローン便利サイトU
住宅ローンの資金計画入門
住宅ローンの資金計画情報館
住宅ローンの金利比較ガイドその1
住宅ローンの金利比較ガイドその2
フラット35金利比較ガイド
住宅ローンの見直しガイド
はじめての住宅ローン入門その1
はじめての住宅ローン入門その2
はじめての住宅ローン入門その3
新着トピックス
フラット35と財形住宅融資の返済負担率の条件はどうなっていますか?
住宅ローンを利用する際には、返済負担率の上限が決められています。フラット35と財形住宅融資では、毎月返済額の4倍以上の月収のある人とされていて、両方を併用する人の場合には...ただし、他の借入金などの年間返済額を含めた返済額の年収負担率...

民間住宅ローンの返済負担率の条件はどうなっていますか?
民間住宅ローンの返済負担率は、各金融機関によって基準が異なりますが、一般的には、年収区分による年収負担率の範囲内か...具体的には、年収400万円未満の人は年収の25%以内、年収400万円以上600万円未満の人は年収の30%以内、年収600万円以上の人は...

年収の35%まで借りるのは危険ですか?
一般的に公的資金の場合は25%が返済負担率の上限になっていますが、民間資金などを利用すると35%まで借りることは可能です。ただし、過去の年金住宅融資の協会転貸の年収別返済負担率の調査結果などを見ますと...
具体的には、年収が400〜500万円代では50%前後、600万円代でも34%と年収の低い人ほど...
上記の返済負担率というのは、税込年収に対する割合ですので...そうなると、その実質的な負担率はさらに10%前後増加すると考えられますので、30%以上の返済負担率というのは相当生活が...
よって、借りられるからといって目一杯借りるのではなく、ある程度ゆとりをもって生活ができる範囲内...
免責
住宅ローンの資金計画早分かりで提供している内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。 万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当サイトは一切責任を負いかねます。
プライバシーポリシー

Copyright (C) 2011 住宅ローンの資金計画早分かり All Rights Reserved